クレジットカード現金化って?リスクや方法などについて

キャッシング契約の際の審査などを省いて、手っ取り早くお金を借りたい、という人々の間で重宝されている有名なキャッシング方法が、クレジットカード現金化という方法になります。キャッシング枠の審査を必要とせず、クレジットカードを利用して現金を得る方法なのですが、クレジットカード現金化はクレジットカードキャッシングとはどのような違いがあり、実践する際にはどのようなことに注意が必要なのでしょうか。

現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入し、その商品を直ちに換金する行為のことを言います。わかり易い例で言えば、新幹線の回数券をクレジットカード決済で購入し、それをすぐに金券ショップに持ち込んで換金する行為のことを言います。

クレジットカードのショッピング枠を利用しているので、キャッシング枠の審査を受けつ必要はありませんし、すぐに現金が手に入るので、すぐに現金が必要になった時には、とても役立つ方法だといえるのです。

方法について

クレジットカード現金化の方法は大別して2つの方法があります。一つは自分で品物を購入して、換金するセルフでの方法。もう一つが専門の業者を利用する方法になります。セルフで行う場合は手間がかかる一方で高い換金率が期待できるというメリットが有り、専門の業者を利用する場合は、手間と時間をかけずに現金化できるというメリットが有ります。現金化業者の選び方についてはhttp://www.edcherrymusic.com/をご参照下さい。

注意点について

クレジットカード現金化行為には違法性はないものの、クレジットカードの規約違反に該当しますし、グレーゾーン行為だということを念頭に置いておく必要があります。クレジットカード現金化を行ったことがカード会社にバレた場合、カードの利用停止や強制退会といった措置がとられる可能性があるので、注意が必要です。

また専門の業者を利用して現金化を行い場合も、慎重な業者選びをすることが重要になります。悪徳業者による詐欺行為も実例として報告されているので、業者選びをする際には実績や業者の所在地などをしっかり確認しておくと良いでしょう。