成長期の小学生にすすめたい青汁生活

青汁のイメージと言えば、健康のために苦さを我慢して大人が飲むものだと思い浮かべてしまう人も多いのではないでしょうか。実は正解なのは、健康に良いということだけです。我慢するような苦さ、そして大人のためだけの存在ではないのです。これらの大きな誤解によるイメージが先行していることも理由となり、成長期である小学生で青汁を飲んでいる習慣がある子供たちはおそらく非常に少ないことだと思います。

もちろん大人にとっても当然大きな効果が得られます。しかし、決して大人だけのものではなく、成長期である小学生の子供たちにとっても大人と同様に、考え方によっては大人以上に大事だといえる食品であり飲料でもあるのが青汁なのです。そして、日々研究が進んでいる近年では、以前までの良くない意味で強烈とも言える個性を持った苦さや香りなどに関する課題の開発は進み、かなり改良され軽減されました。さらには、りんごやバナナなど多種のフルーツの味わいを楽しめる商品も続々と出てきています。このことは特に子供たちにとって嬉しいことかと思います。

では、なぜ小学生に青汁生活がいいと言えるのでしょうか。その大前提として、成長期である小学生にとって1日に必要な野菜の量は約300グラムが目安ということがあります。体の大きさから考えると半分ぐらいでも良さそうかと思うかもしれませんが、実際は、大人とほぼ同じぐらい必要なのです。そして、それだけの量を摂取する必要があっても、子供は野菜の好き嫌いが多い、食欲が大人よりも少ない場合が多い、親御さんの手間が特に共働きなどの家庭では非常に大変、などと複数の理由から手作りによる天然の野菜をなかなか通常の食事として摂取するのが困難なのです。

そこで、野菜の不足分の栄養素を青汁で補うのがとても有効な方法だということなのです。野菜の粉末から作られているのが青汁なので、食物繊維の他、各種ビタミン類やカルシウムまたは鉄分などの多種に渡って含まれています。味も改善され飲みやすくなり、手軽に必要な野菜成分の栄養を補えるのが青汁です。成長盛りの小学生にこそ、是非おすすめです。

青汁 口コミ